国立大学の医学部を目指すメリットとデメリットを知ろう

国立(公立)と私立大学の違いを理解しておくことが大切

国立(公立)と私立大学の違いを理解しておくことが大切国立は私立大学のように多くの学校を併願することはできません授業料が安い国公立大学は私立大学と比較して難易度が高い

医師を志している学生であれば大学の医学部医学科に進学して、6年間にわたり在学して医学・保健衛生に関する講義や実習を受ける必要があります。
卒業後に医師国家試験を受験して合格してから研修医を経験すれば、医者として仕事をすることができます。
さらに専門的な知識を身に付けて学者・研究者を志す場合には、大学院に進学して博士号を取得する道があります。
医師になるためには最初に大学の医学部に進学をすることが必須条件となりますが、主に私立大学と国公立大学の2つに分けることができます。
いずれも卒業すると医師国家試験を受験することが可能になりますが、両者は受験の難易度・学費・入学後の学習環境などに違いがあります。
受験生であれば、国立(公立)と私立大学の違いを理解しておくことが大切です。
国立大学を選択することのメリットとして、学費が安い・各都道府県に最低1校は存在する・学生数に対する教員の人数の割合が多いこと、などが挙げられます。
学費についてですが、基本的に国立大学の入学金や毎年の授業料は学部・学科に関係なく同じです。
1年あたりの授業料は文学部や経済学部などと同じで、学部を卒業するまでに必要な学費の総額は約420万円ほどです。
420万円というとそこそこのサイズの自動車が1台買えてしまうほどの価格ですが、授業料は6年間に分けて納入するので1年あたりに支払う金額は70万円くらいです。
授業料は前期と後期の1回に分けて納入するので、1回あたりに支払うのは35万円です。
年間あたり70万円であれば、一般的なサラリーマン家庭でも問題なく支払うことができる水準です。
ちなみに私立大学に進学すると、比較的学費が安いとされている順天堂大学でも6年間の合計金額が2千万円を超えています。
国立大学の医学部は、各都道府県に最低1校が存在しているという特徴があります。

医師判別検定 3級

問:以下の中で正しいものを1つ選べ。


①長野大学に医学部は無い
②東北地方に医学部を有する大学は6大学存在する
③過去5年間で東京大学医学部は国試合格率で常に上位5位以内である
④自治医科大学は国立大学である
⑤国立大学医学部よりも私立大学医学部の方が大学数が多い

— エクレア (@Anna_botbot) September 23, 2020